病は気から

病は気から

「病は気から」とよく言いますが、これは単なる迷信ではないみたいです。
有名な話ではプラシーボ効果がよく例として挙げられます。
頭痛で悩んでいる人にただの小麦粉をよく効く頭痛薬だと言って飲ませたらすっかり良くなってしまうとか。
この辺は本当に人間の体と心が密接につながっているのだということを教えてくれます。
少し前に映画にもなりましたが、「笑う」ことでガン患者が快方に向かうなどということもあるそうです。
そういう治療を専門に研究しているところもあるのだとか。
あとはイメージ療法。
自分の白血球ががん細胞をやっつけていくところをイメージすることで、実際にがん細胞が縮小するのだそうです。
ストレスががんの一因と言われているのもこのことを逆に考えれば当然なのかもしれません。
体の健康を考えるときに心の健康も一緒に考えて、初めて効果的な成果が得られるのではないでしょうか。