夜中に食べると太る訳

夜中に食べると太る訳

夜中にものを食べると太ると言われていますがどうしてだかご存知ですか?
これは人間の体は夜中に脂肪を溜めやすいからなのです。
一般に22時から脂肪を溜めやすくなります。
深夜2〜4時が脂肪蓄積のピークとなります。
逆算すると20時までに夕食を食べてしまうことで脂肪蓄積を少なくすることができます。
21時以降に食べ過ぎたりすれば食べたものがまったく消費されない状態で脂肪に変換されてしまうのです。
だから夜中に食べるのは控えなければなりません。
逆に一番脂肪蓄積が少ない時間帯は昼の15時くらいなのです。
脂肪蓄積がされないのだからこの時間帯に運動すれば脂肪は燃焼するばかりなのです。
食事の時間と運動の時間をうまく使えばダイエットに効果があるはずです。