自分の希望ではない転勤をする場合

自分の希望ではない転勤をする場合

同じ会社に長年勤務していると、転勤をしなければならないことがあります。
転勤は、会社から伝えられるケースと自ら希望するケースとがありますが、会社から伝えられた人のなかには、新しい勤務地になかなか慣れることができず、再び移動を希望する人が少なくありません。
しかし、希望が通るとは限らないため、仕事でやりがいを感じるだけでなく、プライベートの面でも趣味を増やすなど、新しい勤務地に慣れていくための工夫が必要となってきます。
家族がいる人の転勤では、家族で移るか単身赴任をするかの決断もしなければなりません。
そのため、転勤の予定がない場合でも、結婚や子供の誕生をきっかけに、転勤がない職場への転職を考え始める人も多くなっています。